本文へスキップ

児童養護施設さんあいは、埼玉県深谷市にある児童養護施設です。   トップページへ

電話でのお問い合わせはTEL.048-585-0605

〒369-0212 埼玉県深谷市櫛挽15-2

インフォメーションprogram


 施設への入所ショートステイ実習生受け入れボランティア受け入れ

施設への入所

 さんあいへの入所は児童相談所を経由してなされます。
 入所等に関するご相談は、下記の児童相談所にお願い致します。

 県内の児童相談所 一覧

児童相談所名  TEL FAX   住所
中央児童相談所  048-775-4152 048-770-1055 〒362-0013
上尾市上尾村1242-1
南児童相談所 048-262-4152 048-262-4158  〒333-0848
川口市芝下1-1-56 
川越児童相談所  049-223-4152  049-224-5056  〒350-0838
川越市宮元町33-1 
所沢児童相談所  04-2992-4152  04-2994-1420  〒359-0042
所沢市並木1-9-2 
熊谷児童相談所  048-521-4152  048-520-1036  〒360-0014
熊谷市箱田5-12-1 
越谷児童相談所  048-975-4152  048-977-3200  〒343-0033
越谷市恩間402-1 
さいたま市児童相所 048-840-6107  048-840-6110  〒338-0002
さいたま市中央区下落合5-6-11
(中央区役所別館1階) 


ショートステイ

ショートステイ(子育て短期支援事業)とは

 児童の保護者が疾病、出産、看護、事故、災害、冠婚葬祭、転勤、出張および学校などの公的行事への参加などによって、家庭における児童の養育が一時的に困難となった場合、児童福祉施設において養育することにより、家庭福祉の向上を図ります。(保護者が養育できない期間は、施設で宿泊となります)
 *児童福祉法第六条の三第 三項に規定されている事業です。

 児童養護施設さんあいでは、現在、深谷市、本庄市、寄居町の近隣3市町村と子どものショートステイ事業委託契約を締結しております。

対 象 児童の保護者が疾病、出産、看護、事故、災害、冠婚葬祭、転勤、出張および学校などの公的行事への参加などによって、家庭における養育が一時的に困難となった児童
(2歳以上18歳未満)
利用期間 原則7日以内(ただし、事情により延長することができます)
利用料 市町村、世帯、児童の年齢により、異なります。
詳細は、各市町村にお問い合わせください。 

ショートステイ利用に関する問い合わせ、利用申込みについては、各市町村の担当窓口へお願い致します。
  児童養護施設さんあいへ直接ショートステイの利用申込みを行うことは出来ませんので、ご了承ください。

実習生の受け入れ

 実習生受け入れ指導(基本方針・諸基準)
項目  内容 
基本方針 児童養護施設における実習生受け入れ指導は、福祉人材養成に対する協力活動として位置付ける。実習生すべてが、かならずしも児童養護施設職員をめざしているわけではないが、社会福祉領域における有用な人材として養成するためにできる限りの協力をする必要がある。
目標達成・ねらい  ○養成及び実習性本人の実習目標が、十分達成できるように援助する。
 施設としての指導は、以下の通り

(1)児童養護施設の概要の理解

 ・入所児童の実情 ・施設生活の実情 ・職員の業務内容の理解

(2)職業人としての姿勢及び労働体験をもつ

 ・勤務(実習)時間を守る ・勤務(実習)態度を培う
 ・連絡、報告、記録    ・職員の業務補助

 
方法または展開 

(1)養成校の実習日程に従って実施する

(2)実習の担当及び指導(職員間の連絡、報告、調整を十分にする)

 施 設 長・・・受け入れ決定

 主  任・・・担当者との調整・養成校との連絡調整、文書整理、オリエンテー
       ション、及び中間・総括反省会の実施、日誌の点検及び指導

 副主任・担当職員・・・日常的な指導、日誌へのコメント記入

 *「評価票」について…担当職員が「評価の基準」を記入し、主任が「評価票」
   に記入する

(3)傷病、事故、その他の不測の際には養成校へ速やかに連絡する

(4)「実習生オリエンテーション資料」(第四部)使用

諸基準   

○「誓約書」により、保険加入を確認する

○実習費用〜一日1,000円(食費、光熱水費、日用品費等)

○終了時に担当居室にて「お別れ会」を実施する

ボランティアの受け入れ

ボランティアの受け入れについて
 項目 内容 
基本方針 

○児童養護施設でのボランティア受け入れは、地域との懸け橋と位置づける。
ボランティアは、施設に新しい風を入れてくれるとともに、施設でのボランティア活動受け入れを通じて、地域の方々に施設や入所児童の理解の促進を図っていく機会としてとらえる。  

達成目標・ねらい  ○児童養護施設で生活している子どもたちや、そこで働く職員と関わることで、施設 の社会化を支援する。
○ボランティア自身が、活動を通して様々なことを学び、自己成長していく事の手助 けをする。  
方法または展開 

○事前にオリエンテーションを行う。

 ・施設の概要
 ・ボランティアへのお願い
 ・活動内容の調整と協力
 ・その他  

諸基準  ○ボランティアの受け入れ資料を作成し、それに沿って行う。


information

児童養護施設さんあい

〒369-0212
埼玉県深谷市櫛挽15-2
TEL.048-585-0605
FAX.048-585-0562